2006年03月02日

メンターも助言者もいなくても自分があるさ

メンターも助言者も必要とせず、自分さえいれば必ず成功するというタイプの成功哲学がある。日本ではなぜかあまり人気がないタイプですが、ノーマン・V・ピールやジグ・ジグラー、アールナイチンゲール、ジム・ドノヴァンなどなど。

 このタイプの人は、自分をできる人間と信じろ、とかできなくてもできる人間のように振舞え、という。または悪いことを言う人を遠ざけろなど。

 思うにプロテスタント的な厳しい倫理観に支えられて自分を見つめることを重視しているわけだが、これがどうも日本ではあまり受け入れられないのか、これらの成功哲学者の名前はあまり本屋で見かけなかったりする。

☆ ☆ ☆
成功哲学辞典


posted by 成功哲学研究者 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この瞬間何人の人がイナバウアーで腰を痛めているのだろう

首コラージュもやだ、メンターも助言者もいない。会計士を雇うお金なんてとんでもない。でも成功のイメージが欲しい!

今日本で一番の成功者と言えば荒川静香でしょう。今この瞬間一体何人の人がイナバウアーを真似してえびぞっていることか!

そうか、成功者のやっていることを真似すれば自分も成功する。さあーイナバウアーきれいに行った、行った・・・ぐきっ!

きっとこの一週間ぐらいは腰を痛めて整骨院に通う人が激増するに違いない。成功者がやっていることをいきなり真似してもそれはただケガするだけだ。
posted by 成功哲学研究者 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。