2006年03月17日

「成功」の定義とは

今日から「成功」の定義を考えることにするが、まず成功哲学で知りたいことがあったら、一番最初にあたってみるのはナポレオン・ヒルとアンドリューカーネギーだろう。好き嫌いや、文化的に分かりにくいところ、キリスト教的倫理観の強さなど確かに現代風ではないところはある。

しかし、成功哲学そしてそれを代々人類の英知として伝えていこうという考えはナポレオンヒル(というよりアンドリューカーネギー)に発するものだと思う。

さて、彼の「成功哲学」(騎虎書房1996年版)を開くといきなり目次の後に「成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、黄金律にしたがって、一つ一つ実現していく過程である」

と書かれている。成功とはどうもリッチになるとか、有名になるとかと言うことではないようである。「成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく…」とここまでは、おそらく普通に生活している人は当たり前にしていることであろう。しかし、その後目標、【願望】(なぜ【】に入っているのだろう?)、黄金律という、およそ普通の人には無縁の用語が出てくる。

このあたりにやはり成功とは何かをもっと考えさせるヒントがある。
posted by 成功哲学研究者 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。