2006年03月06日

失敗とは贈り物の別名である

内面を見つめるタイプのたとえば「仕事は楽しいかね」のデイルドーデンやロバートキヨサキにとって,失敗は特別の意味がある。それは失敗は天からの贈り物だ,という考え方だ。

失敗は成功の元とか,失敗は発明の母とよくいうが,奇妙なことに,理科の実験ではそういわれていても,現実の世界でそう認識することはまずない。仕事で失敗すれば首になるし,ビジネスで失敗すれば路頭に迷う。科学の世界でも現代社会では失敗は,高額な器具の損失へとつながり,あまりいいものではない。

では,どうすれば失敗が天からの贈り物となりえるのだろうか。それは確率的に物事を見るという,これまでの失敗は成功の元という考え方から決別したところにある。

確率的に物事を見る,とはいったい・・・
posted by 成功哲学研究者 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14302739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。