2006年03月21日

やはり成功とは「状態」のことなのか

成功とは何らかの「状態」であって、目標や夢ではないのだろうか。そう思ってアールナイチンゲール「人間は自分が考えているような人間になる」(きこ書房)を読むと、確かに成功とは「状態」のことのようである。

というのも彼は、生まれつき裕福な「子どもたちにとって、成功は生まれた時から存在していたのである」(33頁)と書いているからである。

これらのもともと裕福に生まれた子どもたちは、別に夢や目標を立てたわけではないのに、「成功」しているのである。

この前後を読むと、彼が精力的に働いていた第二次大戦前後の時代背景もあるかもしれないが、「成功」している状態を、アメリカに厳然と存在する階級社会の上層に属する人たちの生活スタイルと結び付けている。

車や冷蔵庫、板張りの家を持ち、上品で知的な言葉遣いを自然に使う人間。それらの人間が生きている「状態」が「成功」というものだ。アールナイチンゲールは「成功」を「上流階級」とほぼ同時に捉えている。

そう考えると、目標をつかめとか、夢を持て!とは言えるが、成功をつかめとはいえない。「上流階級をつかめ!」という言い方が奇妙なのと同じである。「上流階級を目指す」という言い方も変だ。そうすると「成功を目指す」というのも変だ。

やはり「成功」とは到達する点ではなくて、長い期間継続し、人がそこに身を置く状態、環境、いや、社会的な地位・身分なのである。

posted by 成功哲学研究者 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。