2006年03月24日

成功は誰にも内にある状態か

 同じ時期に活躍した人たちでも,アールナイチンゲールは成功をその人の外側の状態(つまり上流階級のような生活と行動のパターン)と考えているのに対し,ジョセフ・マーフィーは成功を内にある状態と考えている。

 そしてその内側にあるものは,もともと人間が人間として生まれたら持ち合わせているはずの「富裕権」というものだと考えている。

 つまりジョセフマーフィーは牧師であるから,もし人が神に似せて作られているなら,当然その性質は生まれたときからすべて持ちあわせているという考え方である。不幸な人間がいるのはそれに気が付いていない,またはマーフィーの場合,その内なる状態に対して主人である自分が上手に「働きかけていない」からだと考えているようだ。

 オグマンディーノの一連のラグピッカーシリーズを読んでもほぼ同じことが書いてある。人が生まれるときにすでに人にはさまざまな神による奇跡が起こり,少なくとも生まれた瞬間の泣き声をあげたときまでは神の奇跡が隅々まで行き届いている。

 しかし,生まれてから成長していくと,自分が神により作られた奇跡であることを忘れてしまったり,卑下してしまったり,ひどい場合は,自分をののしることでその奇跡さえも貶めようとする。

 成功とはマーフィーらにとっては,もともと人として持っているはずの性質を自分で呼び起こし,当然の状態に戻るものと考えられる。

 このような意味では成功とは特に外界の金銭的な状態や地位などとは関係ない。この考えは,自分が自分の心をコントロールするというロバートキヨサキやナポレオンヒルらの考えとも矛盾はしていない。

 ジェームズアレンもそうだが,自分の心というのは,自分が手を入れることのできる唯一の部分で,自分の外側にある暴風や狂気に身を任せてはいけないという考え方は,欧米人のかなり中心的な哲学である。

 金銭的な貧困よりも,アル中や麻薬中毒などを人生の敗北者とみなす傾向が欧米に強いのも,この自分をコントロールできなかったというところに判断の基準があるからと考えられる。

 金銭的な貧困は多くの場合,自分をコントロールするかどうかと直接は結びつかない。自分をコントロールしてほかの人からみれば貧しい,つつましやかな生活を送る人を敗北者とは呼ばないのもそのあたりの理由からだろう。
posted by 成功哲学研究者 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15385509

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。