2006年03月30日

研究、学習、ハードワーク、勇気と忍耐そしてホワンの物語

オグマンディーノがいう研究、学習、ハードワーク、勇気と忍耐だが,これを兼ね備えている人間など本当にいるのだろうか?

これをそのままべたに主人公のもつよき性質として備えさせたのが,ホワンの物語である。両親に死なれ地主に家を追い出された農家の少年がどうやってメキシコ一の大富豪になったかというフィクションである。

 著者はビジネスで大成功したR.J.ペトロで,彼の考える成功に必要な道具がうまく物語中で描写されている。

詳しくは本を手にとって欲しいのだが,以下に順番が変わってしまうが,簡単にかいつまむと,

1.学習 初めて得た仕事はレストランの仕事で,誰よりも関心を持ってウェイターの仕事を学習した。料理の味やら客の素性やら床磨きまで全部学習した→ロバートキヨサキのいうEクワドラントヘ仲間入り

2.研究 ホワンはロバについてはよく知っていたので,ロバのせり市場に行って,せりの仕組みを研究した→いいロバを競り落とし,農家に売った→Sクワドラントの仲間入り

3.ハードワーク 大量の注文などで肉体的にも精神的にもつらかったがやりぬいて商売の規模が大きくなり,商売のシステムが完成した→Bクワドラントへ仲間入り

4.勇気 揉め事が起きている収穫のなさそうな果樹園の土地を農民への慈悲の気持ちから買い取って農民と共同所有する→Iクワドラントとして独り立ちする

5.忍耐 二度犯罪者の汚名をかぶせられそうになるが,友人の助けとそれまでの善行により無実とわかる→社会的名声を不動のものとする

というように,物語が進んでいく。

金持ち父さんと比べるとそれほど人気がある本ではないが,これほどまでに選択の道具を使いこなす主人公は珍しい・・・

posted by 成功哲学研究者 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15812752

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。