2006年03月21日

やはり成功とは「状態」のことなのか

成功とは何らかの「状態」であって、目標や夢ではないのだろうか。そう思ってアールナイチンゲール「人間は自分が考えているような人間になる」(きこ書房)を読むと、確かに成功とは「状態」のことのようである。

というのも彼は、生まれつき裕福な「子どもたちにとって、成功は生まれた時から存在していたのである」(33頁)と書いているからである。

これらのもともと裕福に生まれた子どもたちは、別に夢や目標を立てたわけではないのに、「成功」しているのである。

この前後を読むと、彼が精力的に働いていた第二次大戦前後の時代背景もあるかもしれないが、「成功」している状態を、アメリカに厳然と存在する階級社会の上層に属する人たちの生活スタイルと結び付けている。

車や冷蔵庫、板張りの家を持ち、上品で知的な言葉遣いを自然に使う人間。それらの人間が生きている「状態」が「成功」というものだ。アールナイチンゲールは「成功」を「上流階級」とほぼ同時に捉えている。

そう考えると、目標をつかめとか、夢を持て!とは言えるが、成功をつかめとはいえない。「上流階級をつかめ!」という言い方が奇妙なのと同じである。「上流階級を目指す」という言い方も変だ。そうすると「成功を目指す」というのも変だ。

やはり「成功」とは到達する点ではなくて、長い期間継続し、人がそこに身を置く状態、環境、いや、社会的な地位・身分なのである。

posted by 成功哲学研究者 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米では成功とは何かの定義は要らない?

自分の書棚には結構、エマソン、カーライルのような古典から、人が読まなさそうなブックオフでひっそりと埃をかぶっているハーヴィマッケイ(誰それ?)までいろいろ揃っている。それで「成功とはなんぞや」というのがズバリ書いてあるものを探しているのだが、意外にもない。

大体成功へのプロセスとか、方法は書いてあるのだが、成功とは何だと言っている人は少ない。ある意味ナポレオンヒルが定義してくれたことはありがたい。

なんで無いのか考えていたら、オグマンディーノの「この世で一番の奇跡」にどうも原因らしきものが書いてある。聖書には、神は人を神の姿に似せて作ったという部分がある。

つまり人は生まれながらにして、完成した奇跡であり、すでに成功した姿を持っているのだ。本来の成功した奇跡の姿をほとんどの人が示すことができないのは、失敗や恐怖不安や疑心などのせいである。オグマンディーノのこの本ではそういう考え方で話が進んでいく。

ということは、成功は何か高いところへ階段を登っていくという、ちょっと東洋的なイメージ(というかこれは進学塾のイメージか?)ではなく、人間本来のもともとの姿に戻るということなのだろうか。

そう考えると、ナポレオンヒルや金持ち父さんが自分をコントロールする、という意味合いが変わってくる。

自分をコントロールするというのは、成功への手段と考えてしまうが、実は本来の完成した自分を恐怖や不安などに投げ込んではいけない。コントロールされた状態そのものが成功した姿なのだ、と言いたいようにも思える。

こういう目で書棚の本をひっくり返してみると、これまでは成功への手段と思われてきた部分が実は成功そのものだった、なんていうことになりそうで、少し意識革命が起きている。

そういえば、目標をめざせ、とはいうが、成功をめざせ、とも成功哲学書は言わないように思う。

すると成功とは、ゴールのような到達点や結果ではなく、ある状態のことを指しているのだろうか?

謎は深まるばかりだ。
posted by 成功哲学研究者 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

目標を変えるか、方法を変えるか

 エジソンタイプの成功哲学は、目標は絶対変えない。継続的に同じことを続けるか、方法を変えることで、その目的は達成されると考える。例えば、後一振り、つるはしを振り下ろせば金鉱にぶち当たったはずなのに、諦めてしまって他人にその山を売ってしまう有名な話は、継続の力を訴えている。エジソンの場合は京都の竹で作ったフィラメントにたどり着くまでさまざまな方法で実験をしていたのだから後者のタイプだ。

 しかし、「ダイヤモンドを探せ」のラッセルコンウェルに始まる「変化」を重視する成功哲学では、目の前で見つけたものを何かに生かすように考えろ、と説く。つまり手段や方法が最初にあって、そこで出てきた結果を何の目的に使うかは後で考えなさい、といっているのだ。

 つまり目の前に知恵さえ絞ればお金を生み出す可能性のあるものがごろごろあるのだから、それを使って楽に成功しなさい、といっているのだ。

 この区別ははっきり言って、成功哲学の二大潮流といっても過言ではないだろう。目標を変えるというと、どうもだらしないように思われがちだ。だが、実はそうではない。偶然出来上がったものが人に喜ばれるというのは、3Mの付箋(ポストイット)に限らず山ほどある。

 そういう失敗作を見て、別の目標を立てることができる人だけがこの現代の情報社会で生き抜いていくことができるのではないだろうか。


☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*

◆無料で読める成功哲学書!

○聖書で学ぶ成功哲学−全ての成功哲学の原点はここにあった−」無料レポート版

聖書には「成功のための5つのエッセンス」が眠っています。職場でよりよく生きたい、独立起業をしたい、人生において成功したいと考えている方へ。アメリカの億万長者も生き方や仕事の仕方を聖書に習いました。

「無料レポートランキング」からダウンロード。
http://edu.1muryoureport.com/catalog/product_info.php?products_id=270

○彼女と自然に話す法〜愛の十訓〜
一生の大切な伴侶を探しに旅に出よう!そしてついでに仕事の術も極めてしまおう!

砂漠の国に伝わる美しい恋物語に秘められた成功への十のステップ。

無料レポートスタンド「まぐぞう」からダウンロード。
http://tinyurl.com/d4j7x

○「とうがらしの花」
寒い冬に子供と一緒に読める短い物語です。「マッチ売りの少女」のような「グッドラック」のような,生き抜くことの意味と素晴らしさを伝えています。

無料ダウンロード先:
http://sugaihi.ld.infoseek.co.jp/success/tougarashi.htm
(パスワードは、hanaの四文字です)

12月24日と25日に福岡のFM 伊都で朗読放送されました

”FM 伊都” 88.0MHz(福岡県)


○メルマガ「女性は心に千の鍵をかける−彼女と自然に話す法−」
砂漠の国に古来より伝わる一生の伴侶を見つける秘法!それを使うとなんと仕事やビジネスにも効くと言われている?
http://www.mag2.com/m/0000145370.html


◆有料版電子図書もあります
「聖書で学ぶ成功哲学−全ての成功哲学の原点はここにあった−」

無料レポートの5つの教えに興味を持っていただけたら、ぜひこちらをどうぞ。無料版には載っていない50の教えが載っています。

ハワイ起業ドットコム・インクを販売者にインフォカートより販売されています。

詳しい案内はこちらへ
http://sugaihi.ld.infoseek.co.jp/success/seishoseikou.htm


◆成功哲学の研究をしています。
ホームページ「成功哲学辞典」
http://sugaihi.ld.infoseek.co.jp/success/successtop.htm
posted by 成功哲学研究者 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。