2006年03月25日

貧乏でも成功の状態を楽しめる?

もし自分の行動と心をコントロールし、神にもともと与えられた状態を取り戻すこと、そしてその状態で生活を保つことを「成功」と考えると、では、貧乏な状態でも心豊かに過ごせばよいのか、という疑問が生まれる。

ジョセフマーフィーは自分の取り戻す状態は内にある神の国を自分で実現することと考えているから、神の国が貧乏であるのはおかしい、と考えているようであるが、そうで無く貧乏でよいと言う人もいる。

その代表は、今、ロハス系の人に見直され再び熱心に読まれ始めているソローだ。

彼は森の中に二年二ヶ月と2日入って、自分で小屋を立て自給自足の生活を実験として始めた。実験のつもりだったので、結局出てくるのだが、まめをまいたり魚を釣ったりして生活している描写がロハス系の人の心をくすぐるらしい。

しかし、彼は博物学というものを専門にした研究者なので、湖の深さを探ったり、豆をまく際も、「まめを良く知るにはまめに自分のことを良く知られなければならない」というネットワークビジネスで使えそうな面白いことを言っている。

そもそもそのころ大学にいける人間などめったにいない時代に、ハーバード大学を出た彼が無教養のただの貧乏人であったわけではないので、本当の貧乏でかつ成功している(!?)人の例にするのはおかしいと思う。が、富をあまり求めずとも、自分の好奇心や探究心、自然を支配する法則と自分との関係などに深く魅かれた彼は、あまり富がなくても良かったようだ。

彼の作った小屋は鍵もかかっておらず、そもそも取られるものもなく、誰でも入ってきて適当に休憩に使ったり、時にソローの話し相手になったりしたらしい。

本人がよければ、別に外界で富を求めなくても心の中に富を求めれば良い、と言うことだろうか。

posted by 成功哲学研究者 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

よくよく定義を見てみると

さて、ナポレオンヒルの「成功哲学」(騎虎書房1996年版)での成功の定義は「成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、黄金律にしたがって、一つ一つ実現していく過程である」というものである。

「目標」というのは、もういろいろなところで言われつくして少し飽き飽きしているので、違うところに目を移すと、一見普通の人なら誰でもやっていそうな部分にも実はナポレオンヒルならではの、言葉の重みがある。

例えば、「他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく」という部分。これは特に金銭的な面での成功を達成したいと考えた場合、非常に重みがある言葉である。

今は、コンプライアンスという言葉が日本でも次第に定着しているが、どうもそのことを体で理解できない人間がまだいる。粉飾決算などをしてM&Aに有利になるよう見せかけようなどというのは、この他人の利益を尊重していない輩がまだいるから起こることである。

手抜き工事のマンションなどは、単に安全に住みたいという客の権利を侵害するだけでなく、建築士という社会的に信用されている身分を脅かし、社会全体の安定を損なうようなものだ。

こう考えると、まじめな勤め人の場合は、この「他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく」という部分は普通に行っているのかもしれないが、一歩、自分で自分をコントロールしようと足を踏み出すときは、必ず守らなければいけないところだ。

特にロバートキヨサキのS、B、Iクワドラントを目指す人は朝から晩まで何べんでもこの成功の定義を頭に思い浮かべる必要があるだろう。

しかしEクワドラント、つまり勤め人だからといって、他人の権利を侵害せず社会的正義に絶対反しないという保証もない。

通常の大きい仕事場の勤め人の場合、組織が他人の権利を害せず、社会的正義に反しないような各種の規則を作っている。だから組織のルールを守っていれば、ある程度、社会から脱線せずに普通に過ごすことができるというだけの話である。

しかし職場の中であっても、今の状況から一歩踏み出そう、現代的な意味での変化を起こそうとなれば、この部分については十分に学習し、体に染みつけておく必要がありそうだ。
posted by 成功哲学研究者 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

「成功」の定義とは

今日から「成功」の定義を考えることにするが、まず成功哲学で知りたいことがあったら、一番最初にあたってみるのはナポレオン・ヒルとアンドリューカーネギーだろう。好き嫌いや、文化的に分かりにくいところ、キリスト教的倫理観の強さなど確かに現代風ではないところはある。

しかし、成功哲学そしてそれを代々人類の英知として伝えていこうという考えはナポレオンヒル(というよりアンドリューカーネギー)に発するものだと思う。

さて、彼の「成功哲学」(騎虎書房1996年版)を開くといきなり目次の後に「成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標【願望】を、黄金律にしたがって、一つ一つ実現していく過程である」

と書かれている。成功とはどうもリッチになるとか、有名になるとかと言うことではないようである。「成功とは、他人の権利を尊重し、社会正義に反することなく…」とここまでは、おそらく普通に生活している人は当たり前にしていることであろう。しかし、その後目標、【願望】(なぜ【】に入っているのだろう?)、黄金律という、およそ普通の人には無縁の用語が出てくる。

このあたりにやはり成功とは何かをもっと考えさせるヒントがある。
posted by 成功哲学研究者 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。