2006年03月16日

しかしやっぱり金持ち父さんのロバートキヨサキの考えが

金持ち父さんの「金持ち父さんの投資ガイド上級編」では平均的な投資家は間違いを犯すことを避け,洗練された投資家は間違いは学習の一部だということを知っている,とある。

思うにわれわれはあまりにも小学校からの学校教育に慣らされ,失敗は恥じだとか失敗は犯罪だ,とか失敗は人間失格だ!と潜在的に刷り込まれつづけてきたのではないだろうか。

だから失敗を利用しようなどという発想にはならないし,自分を伸ばすチャンスなのだ,とも思わない。洗練された投資家に限らず,優秀なエンジニアやスポーツ選手は失敗が多くの情報を含んでいる貴重な天の贈り物だということはわかっていると思うが,その他の平均的な人間はそのことに気がつかない。

気が付かないだけでなく,あろうことか,ウェインダイアーのように,さっさと忘れて今の楽しいことを考えろとか,ジョセフマーフィーのように想像で違うイメージを出し,現実を変えろなどという。

なぜ,現実の世界ですぐに行動しないのか。それこそが金持ち父さんの教えであり,「仕事は楽しいかね」のデイルドーテンの教えである。エジソンや3Mが例に出されるときもこのことが言いたいのではないか。

結局失敗を自分に生かすとしたら,それは学びのための貴重な情報だ,と考えるしかない。体験と考えると,それが自己を否定するような価値を含んだ精神的衝撃になるが,情報と考えれば,それは生かすか,生かさないかという将来に向けての判断材料になる。

そして生かそう!と判断できる人間だけが,今日とは違う明日において,成功への手がかりをつかむのだろう。

失敗については十分掘り下げたように思うので,明日からは「成功」とは何なのか,考えていくことにする。
posted by 成功哲学研究者 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

そもそも大人は

そもそも大人は過去や昔のことをいつまでも後悔したがる生き物だ。ある意味、それがないと自分らしい部分がすっぽりなくなってしまったかのように感じるはずだ。

もちろん、何十年も前のことがトラウマになって今を一歩も先へ進めないのではとても苦しい。しかし、現実にそういう人はたくさんいる。

「どういきるか自分の人生」のウエインダイアー先生はとてもお気楽で過去は忘れて今を楽しく生きろというが、ジョセフマーフィーの方はすこし具体的だ。

 失敗すると考えられる設定をイメージで出し、そのなかで成功している自分、思いどおりの行動をしている自分を毎日辛抱強くイメージしていけと「人生はできると思った人に運がつく!」でいっている。

とはいえ、これでは話がまた首コラージュの世界へと戻ってしまうのだが。
posted by 成功哲学研究者 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

失敗した時、え!こんな方法でいいの

今テーマが「失敗」についてなので手もちの成功哲学書をひっくり返してみると、たいていの人が「失敗」についてはかなりのページを使っている。

多くは粘り強く続けろ、とか、そこを諦めなかった人だけが成功にたどり着くと言う感じなんだけど、え!こんなんでいいの?というのも。

誰とは言わないけど、ウェイン・ダイアー…起こってしまったことを考えるより今日一日生まれ変わったと思って今日起こる楽しいことを考えろ、子どもはそうやって毎日楽しく無邪気に過ごすのだから・・・

といっているけど、本当に大人はそれでいいのだろうか?
posted by 成功哲学研究者 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。